スポンサーリンク

2018年人間ドックで卵巣が腫れているといわれる~2121年7月まで

卵巣がすこし腫れている?

毎年受けている人間ドックの婦人科検診の内診の時に、卵巣がすこし腫れているから気を付けなさいと言われ、不安になる。

ようやく子宮筋腫のことから解放されたのに、今度は卵巣嚢腫?

考えたら私の母親も、40代後半で卵巣嚢腫になり、結局摘出している。

まったく同じように、子宮筋腫から卵巣嚢腫になるとは遺伝とか?

2020年4月

定期健診で毎年卵巣嚢腫(チョコレートのう胞)の大きさは4センチくらい、それ以上大きくなることはなし。5センチくらい大きくなれば手術するらしいが、いまのところグレーゾーンである。

ただ年齢があがるとチョコレートのう胞はガン化しやすいと聞いたので、いずれ取ることにするかもしれないが更年期症状がひどくなるのが心配でもある。

MEAした子宮筋腫は完全には内膜が焼ききれないかった部分があるせいか、また過多月経の症状が出始めてきた。

もう50代に入ったというのに、婦人科の医師によると子宮が元気らしいので、まだこの出血はとまらないだろうとのこと。

毎月定期的だった生理の周期は1~2か月ずれることもあり、不定期になりつつあるので、このまま閉経してくれることを願っているんだけど、なかなか終わらないようだ。

2020年12月

過多月経は昔ほどではないがかなり出血がおおくなり、タンポン、夜用のおおきなナプキンが必要なほどになってきた。

レバー状の塊がどろっと出るときは、もれてしまうこともあり、色の薄い洋服は着られないのが残念。

こんなことになるなら、子宮摘出していたほうがよかったのかなとおもうこともあるが、あの時は受験などいろいろ家庭の事情で入院はできるだけ控えたかったのがあるので、1泊だけですむMEAの選択は間違いではなかったと思いたい。

現在また子宮摘出になったとしても、子供は成人しているし、家庭事情にあわせて手術の選択が当時できたのは良かったとおもう。

私がMEA(マイクロ波子宮内膜アブレーション)手術した当時は手術できる医師が私の在住地域にはいなくて、仕方なく他県である大阪まで行ったが、今現在は手術できる医師も増えて、より手術の選択ができるようになったのはやっぱり、みんなの需要があったからじゃないかなあと思う。

2021年7月

今年に入り、生理が3か月に一度くらいになり、昨年あんなにあった出血もあまりなくなってきた。

そろそろ閉経かな?

生理になってもすぐに終わるし、大量出血する時もなくなった。

卵巣嚢腫は4センチ大のままで、まだ摘出手術はしていない。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする