日記一覧

⑦2013年2月 大阪医誠会病院 MEA手術日

前日の説明では、全身麻酔をしてから、手術部位の消毒、子宮鏡と呼ばれるカメラを膣から挿入して子宮内を観察し、がんなどをないことを確認します。そのあと、子宮内へ直径4mmの金属の管を挿入しマイクロ波を子宮内膜に照射します

⑥MEA手術前検査 麻酔科と歯科検査

マイクロ波発生装置を用いて子宮内膜を熱で壊死させて出血量をすくなくする治療法です。月経時の出血は子宮内膜がはがれおちて起こるので、子宮内膜をマイクロ波により壊死させてしまうと子宮内膜からの出血は減少し、過多月経は改善されます。

⑤大阪医誠会病院 2回目の診察で手術できることが決定

前回の検査から2回目の大阪は2週間後でした。検査の結果、MEAは出来るとの診断で、手術日を決定しましたが、10月の時点で来年の1月まで手術の日程がいっぱいで、結局2月に決定。MEA検討されているかたはお早めに受診されることをおすすめします

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク