⑨MEA(マイクロ波子宮内膜アブレーション)手術後の症状、結果

手術して2週間後

手術後2週間たって、再び大阪の医誠会病院へ。

婦人科の診察をして、ようやくお風呂(シャワーではなく湯船につかること)と性生活の許可がでました。シャワーは術後すぐに可能でした。

痛みも下腹部に月経痛のような痛みがでれば、鎮痛剤を服用するようにとのことでしたが、私は1~2回服用しただけで済みました。

痛み止めでも痛みが治まらない、おりものが匂ったり、高熱がでるようなことがあればすぐに担当医に連絡することになっていたしたが、そのようなことはなかったです。

経過は出血もそれほどありませんでした。術後の出血は、血の混じったおりものがすこし続いた程度だったので、少量用のちいさめのナプキンで間に合うくらいのものでした。今までに比べたらこの程度は出血が無いに等しいぐらいに思えました。

術後すぐに働きましたが、体に負担でつらいとかいうことはなくて、むしろ今まで苦しんでいた大量出血がなくなったことでQOL(生活の質)は向上したと思います。座りっぱなしでも、下着を汚してハラハラすることもない生活は本当にうれしくて開放された気分でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

術後1か月 MRI検査

術後の経過を見るために子宮のMRI検査をしました。造影剤を入れるため、化粧(金属を含むアイシャドーやマスカラなど)をしないで、朝食を取らずに検査時間の10分前に来院するように指示され、MRI取ってから婦人科の診察があり、経過は良好。

手術した部位は壊死したようで血流は見られず、もし新しく筋腫ができたとしてもおおきくはならないだろうとのことでした。ドキドキしたMRIは2回目なのですこしなれましたが、この日はすこし疲れてしまいました。

術後3か月 治療の終了

子宮筋腫の大きさは半分くらいに小さくなったそうです。

手術は成功し経過も良好、出血は改善しました。手術前は夜用のおおきなナプキンをしてタンポンまでしても1時間持たなかったのが、普通の人みたいに普通の昼用ナプキンで余裕でもつようになりました。これってすごい。私は生理は定期的に普通にきますが、出血量はかなり少なくなりました。

先生が遠方だからと地元の先生に紹介状を書いてくださって、これでここにくることはない。治療は終了となりました。

万が一、このMEA(マイクロ波子宮内膜アブレーション)をしても出血に改善が見られない場合は子宮摘出になってしまうことになりますが、病院のホームページのデータをみるとその確率はかなり低いようです。

もし迷っている方がいるなら、あまり筋腫が大きくなりすぎないうちに、ぜひ一度受診して先生のお話を聞いてみてください。それからするしないを決めてもいいと思います。