②不妊症治療で2回の子宮筋腫手術

大学病院には不妊治療で有名な先生がいて相談すると、筋腫があると着床しにくいとのことで、ホルモン療法と筋腫だけを削るTCRで、子宮の入口から内視鏡を入れ子宮内に突出した子宮筋腫を電気凝固により切除する方法の手術を37歳と38歳でしました。

①子宮全摘出は嫌でMEA(マイクロ波子宮内膜アブレーション)を選んだ理由

それは子宮粘膜下筋腫による過多月経で長年つらかった症状をどうにかしたいと、いろいろ探すうちに見つけた過多月経の治療のためのMEA(マイクロ波子宮内膜アブレーション)という手術を44歳の時にしました